×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フェイラーとは?

 フェイラー(FEILER)は、婦人用ハンドタオルが有名なメーカーです。フェイラーはもともとチェコのメーカーでしたが、現在はドイツのメーカーとして存続しています。フェイラー社は、ドイツの東部のチェコとの国境ちかくにあるホーエンベルクに位置し、ワーグナーが建てた祝祭歌劇場のあるバイロイトからも近いという、歴史と文化が豊かな地方にあります。フェイラーの初代社長エルンスト・フェイラーは、ドイツ・ババリヤ地方の伝統工芸織物に創意工夫を重ね、シュニール織を完成させました。フェイラーのシュニール織の特質は、吸湿性に富んだもので、絵柄も手作りならではの美しいもので、何回洗っても色落ちせず、高級タオルとして、絶大な人気を誇っています。現代ではフェイラーは、タオルやエプロン、バッグ、エプロン、バスマット、ポーチ、メガネケース、財布などインテリアから小物まで幅広く商品を展開しています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

フェイラーのシュニール織りの特徴は?

 フェイラーのタオルに代表されるシュニール織りの特徴は、厳選された原綿を熟練した職人が何十もの工程を経て織り上げることで創り出される厚みのあるソフトな質感と類まれな吸水性と、深く美しい発色にあります。ドイツ場バリア地方の伝統の技術で、織りあがった布を一度切り離して、再度撚りをかけてモール状にして、縦糸で横糸を編むようにして織り上げるという根気が必要な高度な技法で織られたフェイラーのシュニール織りの
織物は、吸収力が良く、何度洗ってもヘタらない、それでいて刺繍したような素敵な柄でインテリアにも活躍しています。現在のフェイラーは、伝統的なシュニール織りを維持しつつ、素材を全世界から集め、より高品位な織物として芸術性を高め、フェイラーのタオル生地を素材としたバックやインテリアなどの製品も作られています。歴史と伝統に彩られたフェイラーのシュニール織は、美しい色柄とソフトな質感で世界中の人々を魅了し続けています。

フェイラーとモンリーブの関係

 フェイラーは日本では、株式会社モンリーブとパートナーシップ契約を結び、販売はモンリーブが行なっています。出会いは、モンリーブの創業者である山川阿倫が妻とベルギーに旅行に行ったことから始まります。ショウウィンドーでフェイラーのシュニール織の織物を目にした山川夫妻は、その美しさと品質の確かさに、日本人の芸術性・美的感覚にぴったりと合う商品だと直感したそうです。ただし、当事のフェイラーのシュニール織は、一日に僅か3メートルしか織れないという高価なもので、商品として販売するには難がありました。しかし、フェイラーとモンリーブが長年にわたり開発・研究を重ねた結果、モンリーブが企画・創作したデザインをフェイラーの工場で製造し、輸入をするという現在のビジネススタイルが確立されました。その結果、ドイツの隠れた逸品であったフェイラーのシュニール織は、日本で「暮らしの中の芸術品」として育まれ、世界のブランドとして花開きました。現在のフェイラーのラインアップは、従来のフェイラーとは比べるべくもなく、タオルばかりでなく、インテリアやバッグなどにも応用され、色々なシリーズが存在しています。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 フェイラーは何故、人々を魅了するのか?